就任御祝を贈るタイミング

2017/03/06コラム

HanaTerrasをご覧いただきありがとうございます。

カスタマーサポートのHです。

このコラムでは、胡蝶蘭、生花、観葉植物の贈り物に関する情報や
お祝いを贈る際のアドバイス、ユニバーサル園芸社でのサービスについて、
Hが写真と文章を交えてご案内させていただきます。

初回の投稿は、今一番ホットで、今一番、ご発注者様が悩まれていらっしゃいそうな

「ご就任御祝を贈るタイミングについて」です。

4月はほとんどの会社で、役員人事の異動が行われる月で、
その情報のほとんどが2月末~3月中頃に株主総会などで決議され、発表されています。

ほとんどのご依頼主様は、この発表された内容をご覧になって、
贈り物のご準備をされていらっしゃると思うのですが、

「すぐに贈った方がいいのか?それとも4月1日のご就任で贈った方がいいのか?」

というご質問を毎年頂戴しております。

ご就任のお祝いは、贈り先様の新たなご出発と、更なるご発展を祈念するお祝いです。
特に決まったお届け日というものが明確にない為、
ユニバーサル園芸社では、お届け先様との関係やお届けする植物の種類をお伺いし、ご返答をしております。

今回は、特に多くご相談のあった2つの事例をご紹介します

 

お届け事例・1 ご依頼主様と贈り先様が公私問わず親密な関係の場合(ご友人、ご学友の場合など)
→内定をいただいた直後のお届けをおすすめしました。
内定をいただけるという事も大変おめでたいお祝い事ですので、
公私ともに親密な方へは早めの贈り物のご用意をおすすめいたしました。

ご就任当日もお祝いをしたい場合はアレンジメントや花束など、
個人の方でも動かしやすく、ご自宅などでもお楽しみいただける贈り物を先にお贈りして、
ご就任当日に胡蝶蘭や植木などの長くお楽しみいただけるものをお贈りするという方法もございます。

また、特に親密な贈り先様の場合、事前にお祝いのお気持ちをお伝えしていただき、
贈り先様がご自宅にいらっしゃる日に、お花をお贈りする事もございます。

 

お届け事例・2 贈り先様が関係会社、重要なお取引先の場合
→ご就任当日~翌日のお届けをおすすめしました。
ご就任内定からご就任当日までは、特に手続きや社内行事などの関係で
お受け取りをされる方がお忙しくされていらっしゃる事が多いです。
その為、ご就任日当日~翌日に贈り物をお届けされるのをおすすめいたしました。

お贈りするものとしては胡蝶蘭がスタンダードですが、最近はカラフルなアレンジメントもご注文いただいております。
この他にもご就任御祝に関して、たくさんのお問合せを毎年頂戴しております。

 

上記以外にも贈り先様とご依頼主様のご関係も踏まえて、
お届けのタイミングをご案内させていただきますので、
お悩みの際は是非カスタマーサポートまでお問い合わせください!

【お問合せダイヤル】
ハナテラスカスタマーサポート TEL:0120-973-590 (9:00~18:00 土日祝除く)
営業時間外のお問合せはこちらから→お問合せフォーム